<pre id="p9rrp"><del id="p9rrp"><mark id="p9rrp"></mark></del></pre>

      <pre id="p9rrp"><del id="p9rrp"></del></pre><pre id="p9rrp"></pre>
        <p id="p9rrp"><ruby id="p9rrp"><mark id="p9rrp"></mark></ruby></p>

        <p id="p9rrp"><ruby id="p9rrp"><b id="p9rrp"></b></ruby></p>

              • 日本藤原堅果硬度計KHT-40N
                日本藤原堅果硬度計KHT-40N

                日本藤原堅果硬度計KHT-40N 水果硬度和脆性是反映水果品質和成熟狀態的重要指標。目前檢測水果硬度常用的方法是使用果實硬度計和萬能試驗機進行戳穿試驗。然而,壓頭面積和壓縮速率對同一水果的硬度和脆度的測量值影響較大。本實驗不同使用類型,不同面積的壓頭,不同壓縮速率對紅富士蘋果進行戳穿實驗。

                時間:2022-05-29型號:
              • 日本藤原水果數顯硬度計KHT-40N
                日本藤原水果數顯硬度計KHT-40N

                日本藤原水果數顯硬度計KHT-40N 水果硬度和脆性是反映水果品質和成熟狀態的重要指標。目前檢測水果硬度常用的方法是使用果實硬度計和萬能試驗機進行戳穿試驗。然而,壓頭面積和壓縮速率對同一水果的硬度和脆度的測量值影響較大。本實驗不同使用類型,不同面積的壓頭,不同壓縮速率對紅富士蘋果進行戳穿實驗。

                時間:2022-05-29型號:
              • 日本藤原谷物數顯硬度計KHT-40N
                日本藤原谷物數顯硬度計KHT-40N

                日本藤原谷物數顯硬度計KHT-40N 谷物硬度測量是當前農業中研究的課題之一。介紹了谷物硬度測量的重要意義,系統地概述了幾種常用的谷物硬度測量技術;對國內外谷物硬度測量技術的研究現狀進行了分析,并展望了谷物硬度測量技術的發展。

                時間:2022-05-29型號:
              • 日本藤原谷物硬度計KHT-40N
                日本藤原谷物硬度計KHT-40N

                日本藤原谷物硬度計KHT-40N ● ワンプッシュで迅速かつ正確にサンプルの破壊強度が測定できます。 ● 新型のモーター採用により昇降速度のずれが大幅に改善されております。 ● オプションの校正セットを使ってお客様で校正を行なう事が可能です。 ● 大40kg(392N)まで測定できるので非常に硬いサンプルでも測定が可能です。 ● 演算付のプリンターが內蔵されております。 ● KgfとN(ニュー

                時間:2022-05-28型號:
              • KHT-40N數字式水果硬度計
                KHT-40N數字式水果硬度計

                數字式水果硬度計KHT-40N ● ワンプッシュで迅速かつ正確にサンプルの破壊強度が測定できます。 ● 新型のモーター採用により昇降速度のずれが大幅に改善されております。 ● オプションの校正セットを使ってお客様で校正を行なう事が可能です。 ● 大40kg(392N)まで測定できるので非常に硬いサンプルでも測定が可能です。 ● 演算付のプリンターが內蔵されております。 ● KgfとN(ニュー

                時間:2022-05-28型號:KHT-40N
              共 53 條記錄,當前 1 / 11 頁  首頁  上一頁  下一頁  末頁  跳轉到第頁 
              成人亚洲天堂_精品韩国亚洲av无码不卡区_亚洲精品综合网在线8050影院_欧美国产成人精品一区二区三区

                  <pre id="p9rrp"><del id="p9rrp"><mark id="p9rrp"></mark></del></pre>

                  <pre id="p9rrp"><del id="p9rrp"></del></pre><pre id="p9rrp"></pre>
                    <p id="p9rrp"><ruby id="p9rrp"><mark id="p9rrp"></mark></ruby></p>

                    <p id="p9rrp"><ruby id="p9rrp"><b id="p9rrp"></b></ruby></p>